3月定例会で行った一般質問その1

3月定例会で行った一般質問の概要をあげさせて頂きます。長いので少しずつ…

<1.児童虐待防止>
教育委員会・市の対応について

(Q)千葉県野田市で発生した児童虐待防止事件をうけ、直後の教育委員会対応は。

(A)校長会議の開催、児童虐待等対策に関する庁内会議を開催、児童相談所、警察、児童虐待防止全国ネットワーク、要保護児童対策地域協議会とのそらぞれ、会議話し合いの場を設け飯能でこの様な事が起こらない様、緊張感を持って取り組んでいく。

(Q)内閣府、文科省、厚生省よりの事務連絡をうけ児童生徒の安全確認は?

(A)対象児童生徒は24名。安否の確認は出来ている。ただし2名については(児童虐待ではなく他に考慮しなければならない案件)面会出来ていない。

「児童虐待防止に関する連携協定」について
(Q) 近隣市であり相互の転入転出が多い所沢、狭山、入間、日高、飯能にて結んだこの協定の意義、および共通認識を持つための体制は?

(A)これまでも5市間で連携を行なってきたが、3月の目黒で起きた女児死亡事件をうけ、職員同士、顔の見える関係でより一層の連携を強固とする為に締結した。児童の安全を第一にとの思いは共通だが市による手法の違いがある。各市の研修会を相互に活用するなどして基準の整合性を図っていく。リスクアセスメントシートを標準化する準備をしている。

******************

答弁をうけ、DVへの支援体制、残された兄弟や児童養護施設を対処した子供の支援など対象の子供だけの問題だけではない事、虐待は子供だけでなく高齢者、障がい者、動物までにも及んでおり疲弊した世の中を改めて考え根本から変えなければならないことを訴えさせて頂きました。

*******************

児童虐待防止に関しては、9月にも行なっております。その際、飯能市での対策、現状等を伺いました。リンクはその際の録画映像です。2018年9月定例会9月21日です。

★関田の質疑の様子はコチラです!

Follow me!