誰もがお互いを尊重し合い 笑顔いっぱい 共に輝いて生きるまち はんのう

精明公民館、双柳公民館共催事業
「平成30 人権セミナー」@精明地区行政センター

お話しくださったのは
にこにこハウスの 佐藤智恵美さん

障がいとは、と改めて考える時間になりました。
そして、様々な場で論議される「人権」という言葉の本当の意味の一端に触れることが出来た気がいたします。

それは、にこにこハウスという場所で
日々仲間と共に過ごす佐藤さんが発したからこそ
私たちの心に届くんだと思いました。
これからも発信し続けて頂きたいです。

スタッフからの体験談で
様々な職場でうまくいかず
辿りついたところがにこにこハウスだったと。

治療の必要がなくとも居場所がなく
何十年も精神病棟で過ごす人は 多くいます。

自分にとって快適に過ごせる
自分の居場所はは人それぞれなんだとおもいます。
その場を多くすることの必要性も感じました。

飯能市では今までの高齢者だけでなく
障がいを持った方々への包括ケアが本格的に始まります。
本人や家族にとっても生きる喜びを感じられる
地域とつながる自分の居場所を見つけて欲しいと思います。

Follow me!