「里親制度の意義と体験談から子どもの人権を考える」に参加しました

12月4日〜10日は人権週間

飯能中央行政センターにて

「里親制度の意義と体験談から子どもの人権を考える」に参加しました。

興味がある、だけでは済まされない。

覚悟、忍耐、そして愛が必要なこの里親制度。

しかし、求めている子どもがたくさんいる。

体験談をお話しくださった所沢里親会会長の横田さん。

今から42年前、熱い思いをもつご主人に動かされ、2人の実子3歳2歳の時、5歳の子の里親になったのが始まり。

今まで計9人の里親で、現在72歳にして16歳のママでもある方。

もうこの子で最後と。

15337659_1855699404674458_195903844045180326_n

なんとも、なんとも、なんとも言えないけど愛があふれてる。

どんな苦難も乗り越え、

今、幸せな人生だったと思っているのがにじみ出ている方。

自分は…

正直、夫婦で話したことも。

でも簡単に答えが出る事じゃないから。

ただ、待ってる子はたくさんいる。

Follow me!